2018.11.10 東教区2018年度礼拝と音楽セミナー

いつ:
2018/11/10 @ 1:30 PM – 4:30 PM
2018-11-10T13:30:00+09:00
2018-11-10T16:30:00+09:00
どこで:
日本福音ルーテル東京教会
日本、〒169-0072 東京都新宿区大久保1丁目14−14
料金:
無料
連絡先:
東教区教育部・李明生(り あきお)
03-3721-4716(田園調布教会)
2018.11.10 東教区2018年度礼拝と音楽セミナー @ 日本福音ルーテル東京教会 | 新宿区 | 東京都 | 日本

【開催日】2018/11/10 開始13時30分
【終了日】2018/11/10 終了16時30分
【イベント詳細】:
日本福音ルーテル教会東教区教育部主催
2018年度礼拝と音楽セミナ?

「礼拝が変わる?変わらない?」 - 新しい式文の導入にむけて ?

11月10日(土)
13:30 受 付
14:00 新式文を用いての礼拝
14:30 講 演
16:00 懇 談
16:30 終 了

会場 日本福音ルーテル東京教会

169-0072 東京都新宿区大久保1-14-14
Tel. 03-3209-5702
http://jelctokyo.org

参加費無料

今年、ルーテル教会新礼拝式文が発行されます。わたしたちはそれぞれの教会の中で、新しい礼拝式文をどのように用いていけばよいのでしょうか。2006年にアメリカ福音ルーテル教会で新しく発行された礼拝式文の編纂に関わられた、ロバート・ファーリー牧師を講師にお迎えし、新しい式文への移行はどのようなプロセスを経たのかについて、また新しい礼拝式文導入に向けて、牧師・奏楽者・信徒にへのアドヴァイスを伺います。講演に先立って、新礼拝式文を用いての礼拝を行います。皆様ぜひご参加下さい。

講師紹介

ロバート・ファーリー(Robert Farlee)牧師

アメリカ福音ルーテル教会牧師、教会音楽家、作曲家、典礼のスペシャリスト・相談役として働く。2017年、アメリカ福音ルーテル教会の出版事業、アウグスブルグ フォートレス出版社の礼拝と音楽編集局長を定年退職。この間、典礼と音楽に関する多数の本の企画、執筆、編集に携わり、2006年に出版された北米(アメリカとカナダ)福音ルーテル教会の新式文Evangelical Lutheran Worshipの編集者の一人。
Christ Church Lutheranの音楽監督の一人として35年以上務め、これまでに礼拝音楽・聖歌隊・オルガン・諸楽器のために出版された楽曲を数多く作曲してきた。
設立メンバーの一人として、ルーテル教会音楽家協会(Association of Lutheran Church Musicians)会長を6年間務め、また、インディアナ州にあるValparaiso大学・典礼研究所の諮問協議会メンバーとして奉仕。
優れた教会音楽作品に与えられる第1回Raabe/ Association of Lutheran Church Musicians Prizeを受賞。また、シカゴルーテル神学校からDistinguished Alumnus Awardを授与される。そして、2018年4月、多大な教会音楽への貢献故にValparaiso大学・典礼研究所より、Christus Rex Awardを授与された。
ミネソタ州ミネアポリスにアメリカ福音ルーテル教会の牧師であるご夫人と共に在住。

※準備の都合上、出来るだけ10/28(日)までにお申し込みください。

【主催者の情報】

申込・問合先:東教区教育部・李明生(り あきお)
Tel. 03-3721-4716(田園調布教会)
E-mail a-lee@jelc.or.jp